会社で嫌がらせにあった経験

会社で嫌がらせ

約 8 分で読めます。

会社で嫌がらせにあう

会社で嫌がらせ にあうそんな経験ありませんか?僕は過去にありました。既に退職して随分経ちますが、今思い出しても辞めて正解だったと思います。

嫌がらせが辞める直接のきっかけでもありそこから、給与などの待遇も不満に感じ始め我慢できなくなった経緯があります。

時々、過酷な条件で働かれている。社員の方が鬱を患い自殺される最悪のパターンがあります。大手広告会社の女性社員が自殺された事件は大きく取り上げられ、働き方を考えさせられるニュースでした。

職場の人間関係で悩んでおられる方の一助になれれば幸いです。では初めて行きましょう。

会社で嫌がらせ 成長の機会を阻む

新入社員として僕はその仕事そのものは希望と展望を持って働いていました。しかし、そのやる気が、直属の上司と上司の取り巻きの社員から疎ましく思われていたようで、出る杭は打たれるが如く、僕の仕事に対して理不尽なまでのダメ出し、人格否定、僕が会社に対する不満を言ったなどのデマをでっち上げる、言葉の暴力など、とても育てようとする思いは無く、辞めさせようとしているのが、わかりました。

その部署は小さな組織であったので、逃げ場は無く辛いものでしたが、反骨精神で負けてなるものかと更に努力して行きましたが、不景気の影響から組織の業績も芳しくなく更に嫌がらせに拍車がかかりました。

直属の上司を中心にした嫌がらせは、上司の太鼓持ちのような人間もいて、周りの助けも期待しにくく解決が難しいです。

会社で嫌がらせ 何もさせて貰えない

僕の場合は一日中仕事が与えられない事がありました。何もせずに座っていると、他の社員が怠けているような冷めた眼差しで見られます。新入社員なので勝手に仕事をすることはできませんし。

直談判で仕事を下さいと言っても「無い」と言われ、睨まれるので、何もできないどん詰まりです。僕は仕方ないのでデスクの掃除やパソコンのメンテをしていました。

定時になって、他の社員は残業がありますが、仕事が無い僕は上司に再度、やる事が無いか確認し、凄い目で睨まれ「無い」と言われ、帰宅しました。帰宅する際に上司は僕のデスクを蹴飛ばしました。

その時に、明日また何か理不尽なことをされたら、辞める覚悟で一言言ってやろうと辞める決心が付きました。

朝は新人が掃除をするのですが、上司は僕の後について、掃除してない箇所が出てくるまで「あそこは掃除したのか」と要は粗が出るまで見張っていました。

僕も鬱憤が溜まってましたので「何故そういう態度をとるのか」と初めてぶつけてみましたが、激昂した上司は僕に詰め寄ってきましたが、他の社員が間に入りことなき終えました。

上司も言いたいことを言われた驚きもあり、その日は態度は軟化しましたが、やはり日によっては元に戻るような感じでした。丁度不景気真っ只中で減給を機に退職を申し出て、一月後に何とか我慢して辞めることができました。

会社で嫌がらせ 必要なノウハウひ学んでから逃げるが勝ち 辞めてよかった

仕事そのものは学ぶことも多く良い機会でした。しっかり勉強したつもりで、今もそのノウハウは生きています。しかし、あのまま勤めているのは非生産的であり、時間の無駄だったと感じます。

実はその後、当時の年配の先輩同僚の方に会社の状況を伺うと、人間関係も悪く新人が続かなく、業績も決して良くなってないようです。

会社で嫌がらせ 今悩んでる方に辞めるまえに確認すること

職人の世界など愛の鞭を受けて成長する機会があります。

厳しさの中に厳しい理由がある場合は嫌な気持ちに一時なったとしても成長のチャンスだと思います。

しかし上司が未熟で個人的な感情を持ち込んで、憂さ晴らししてるような職場は僕は逃げるが勝ちだと思います。

会社で嫌がらせ どうしても逃げれない方

まず社内に味方を見つけましょう、直近でなくても、売店の人、多部署の人、営業マン、味方がいれば多少楽になると思います。

精神的な面では必ずこの苦労は良い方向に向かって解決すると、確信して日々を過ごして下さい。

視野を広げ、他所に転職または会社を移籍できるよう準備しておきましょう。辞めた後の収入源の確保、貯金や先の展望を持っておいて下さい。

僕の場合、次の収入源の保証がスムーズに行かなかったので解放された反面そこは反省でした。

会社で嫌がらせ まとめ

組織には多少の我慢すべきこともあります。成長する為には不可欠だと思います。自分が嫌な気分になっている事は成長に必要なプロセスなのか、

全く時間の無駄、不必要なものなのか見極める事が大事だと実感しました。

で、当時僕をいびった方々と、今の僕の仕事の実績では僕は彼らを超えたと自負しています。彼らは10年先輩ですが超えたと確信してます。

狭い組織の中で弱い者をいじめている方も時間を犠牲にしていると思います。どちらの側にせよ、成長する時間を犠牲にしては非常にもったいないことです。

それではまた!

その他の記事もよろしくお願いします。