勝手に写真を撮ってアップする人 心理と対策

勝手に写真を撮ってアップする人

約 8 分で読めます。

勝手に写真を撮るのは迷惑行為

勝手に写真を撮ってアップする人 に困ってませんか?

スマホやSNSをみんなが使うようになると、勝手に写真を撮ってネットにあげる人に必ず遭遇します。

今までは写真を撮られても個人で楽しむ程度なら許容できていましたが、SNSの登場で個人で楽しむから世界にシェアするようになり、何気なく写真を撮る行為が迷惑行為に。

僕自身は、撮られることは、あまり好きではありません。

勝手に写真を撮ってアップする人 心理と特徴

勝手に写真を撮ってアップする人  は、悪気があるわけではなく、人の心理に敏感ではなく、目立ちたい承認欲求が強い傾向があります。

純粋に写真が好きな人と勝手に写真を撮って載せる人は別とお考えください。

本当に純粋に写真が好きな人は、きちんとマナーを心得ています。

勝手に写真を撮って載せる人の特徴

  • そわそわして、落ち着きがない、キョロキョロしている 。
  • SNS上の友達がやたらと多い。
  • 思い出、記念ごとが好きな人。

などの特徴があります。

勝手に写真を撮ってアップされた 僕の体験

僕の体験、昔ですが、会食形式の異業種交流会に誘われて何回か参加しました。

その異業種交流会に参加する人は、中年層、フェイスブックを活用して繋がりを持とうとする人達。

誰かがマイクの前で話す時は、話そっちのけで、カメラを構えての撮影会。

料理が運ばれて来る度に、料理の撮影会。

カメラは、一眼レフからスマホまで様々。

自分が話す番の時に、ほんの1メートルくらいの所から一眼レフのカメラを構えた人達に写真を撮られて

撮られるのが好きではない自分には、大変に苦痛な時間でした。

その写真は、やはりフェイスブックや会の広報誌に無断で使われていました。

出会ったばかりの人にセルフィーを向けられた経験もありました。

このように誰でも一度は写真で嫌な思いをした経験はあるでしょう。

勝手に写真を撮ってアップする人 対策

ガツンと撮るのは止めてくださいと言えたら1番良いのですが。

言えない人の対策としては

  • まずそういう場所に行かない。
  • 会場などでカメラを持ってキョロキョロしている人に近づかない。
  • フェイスブックのタグ付を許可しない設定にしておく。

勝手に写真を撮ってアップする人 肖像権の侵害 法律では?

勝手に写真を撮る行為 法的にどうか

勝手に写真を撮ってアップする行為は肖像権の侵害にあたる場合があります。

僕の体験は、写真を撮られることが考えられる場所の場合は、肖像権の侵害は成立し難いそうですが、

隠し撮りや、本人が写真を撮られるのが嫌なことがわかって無理やり撮るのは、肖像権の侵害。フォトハラなどハラスメントに当たるそうです。

勝手に写真を公開する行為は法的にどうか

上記のように、撮られる可能性がある場所やイベントでは、肖像権の侵害は成立し難いですが、

しかしそれを許可なく勝手に公開する場合は、プライバシーの侵害になる場合もあるそうです。

勝手に撮影したまではセーフでも、勝手に広報誌に載せる、勝手にフェイスブックに載せるのは、本来ならアウトです。

弁護士ドットコム参照

勝手に撮られてネットに公開された写真を消すには

ネットに出回って、自分の名前で検索に上がって来て困ってる人、

消す方法はネットの所有者に削除申請するしかないようです。

機密性の高い個人情報(クレジットカード番号、署名など)が写真に写り込んでいた場合やリベンジポルノなど、Google検索からGoogleが削除してくれるそうです。(ネット上から消えるわけではない)Googleサポートを参照。

勝手に写真を撮ってアップする人 まとめ

1度出回って拡散された写真は、消すのが難しく、自分で守るしかないのが現状。

知らない人に最小限でも写真を撮られないように対策をする。

ネットにあげられても、タグ付を許可しないなど、拡散防止対策をしておきましょう。

本当に被害が出ている場合は法的な対策も考えてみましょう。下記の本も参考にどうぞ。

それではまた!

その他の記事もよろしくお願いします。

勝手に撮るな!肖像権がある!増補版

街頭の「防犯」ビデオ、事件の容疑者や被害者の顔写真、高速道路での記録撮影。監視カメラに包囲され、カメラつき携帯電話でいつでも・誰にでも撮影が可能な現代社会でプライバシーとともに侵されやすい肖像権の確立を、民事・刑事の膨大な裁判記録を整理して提起する。
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
村上 孝止
1933年、愛媛県生まれ。早稲田大学文学部卒業。主な職歴は、日本新聞協会審査室長、マスコミ倫理懇談会事務局長。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです。)