ZOZOTOWNで買わない理由

ゾゾタウンで買わない

約 6 分で読めます。

便利だけど味気ないネット通販

僕が ゾゾタウンで買わない 理由は、買うまでのプロセスを体験ができないからです。

インターネットで買い物ができるのは、便利なものですが、ボタンを押して届くだけでは味気ないものです。せっかく買うならプロセスまでにお金を出したいから。

ゾゾタウンで買わない 理由1 サイズや質感の問題

サイズや質感がわからないと失敗する確率が高い、ZOZOSUIT があればサイズの心配なさそうですが、コーディネートを考えた場合、ジャストサイズが良いとは限りません、お気に入りのジャケットには少し小さめの丈が合う場合もあるし、お気に入りのジーンズには長めの丈で着たい場合があります。

多少手間でも合わせたい服を着て、店に行った方が完成度は高くなります。

ゾゾタウンで買わない 理由2 店員さんとの情報交換がない

そもそも本当にファッションが好きな人は受注会でシーズン前には服を手に入れてます。受注会の情報は店員さんから降りて来る情報がほとんどです。それとファッションに精通したプロの店員さんであれば、客観的にアドバイスをしてくれスタイリストとしての役割を果たしてくれます。

受注会では写真のみの場合もありますが、そのブランドに詳しいプロのバイヤーさんに相談して購入すれば、生地やサイズが想像と違いすぎることは少ないですね。

きちんとした身なりでいる事を心がけると、他人からの自分を見る目も変わり、仕事や出会いなどの様々なチャンスが増えます。そういう意味でも僕は買うプロセスも大事にしたいんです。

ゾゾタウンを勧めたい人

あまりファッションに関心がなく、とりあえず身なりを整えたい方。 ZOZOTOWN はそういった方をターゲットにしていると思います。店に行くのが億劫な人、自分の選択に自信のない方、インターネットであれば、アルゴリズムから良く買われている服や組み合わせやリーズナブルな価格帯を提案してくれます。

既に持っているお気に入りの服やアクセサリー、靴などを買い直す場合も、使いやすいサービスだと思います。

僕は ZOZOTOWN で買っている時期がありました。現在ファッションに自信があるわけではないのですが、ファッションに関心を持つと自然に ZOZOTOWN を卒業しました。

ZOZOTOWNで買わない理由 まとめ

この記事は ZOZOTOWN を使う方を批判する内容では決してありませんし、ファッションの入口として、とても良いサービスだと思います。更にファッションに関心を持てば自然とショップに足を運ぶようになると思います。

店で実際に手に取って見ると同じコットン100%でも厚みなどの質感が全然違いますからね。
ネットだと常時セールをやっているので安物買いの銭失いにもなりかねません。

おしゃれの秘訣は、アイテムを増やすのではなく、アイテムを減らすのが正解ともいわれていて「服を買うなら捨てなさい」など参考にしてみてください。

それではまた!

その他の記事もよろしくお願いします。

服を買うなら捨てなさい 地曳 いく子 著

「服はたくさんあるのに、毎朝着る服がない! 」「服は少ないほうがいいと言われても、そうもいかない」……と思っていませんか?本当におしゃれな人(パリジェンヌだってそう! )は、「着まわし」や、「バリエーション」を重視しません。いつも同じような服を着ているし、バッグは毎日同じもの。靴はせいぜい2足……1シーズンのワードローブは、ラック1本で充分足りています。

本書で紹介するのは、そんな「少ない服で素敵にみせる」強いワードローブの作り方です。キャリア30年超のスタイリスト地曳いく子(旧姓・渡辺いく子)が、今すぐ捨てるべき服と、残すべき服を、分かりやすく指南します。本当におしゃれな人だけが知っている、ファッションの新常識。おしゃれになりたければ、今すぐ本書を読みなさい!