自分をさらけ出す 人を気にしない生き方

人前で自分をさらけ出せない

約 6 分で読めます。

人前で自分をさらけ出せない

人前で自分をさらけ出せない 初対面の場合や新しい出会いでそう感じることはありませんか。

本当は物静かなのに、まわりのハイテンションに合わせてみたり、自分は物静かな方が好きなのに変に空気読んで、自分を偽ったり。

人前で自分をさらけ出せない さらけ出した方がプラスになることもある

貴方が自分自身のマイナスに感じることが人にとってはプラスになることがあります。

新しい職場や学校のクラス、バイト先の人たちに対して、またはコンパや恋愛、婚活の場で

嫌われたら?変なイメージ持たれたら?第一印象下げたら?

そう思って臆病になるのはもったいないです。

例えば、男性なら「俺アニメが好きなんだよね。だけど女性に言ったら引かれるかも」

女性なら「わたし昔、暗くて太ってたんだよね」

確かにアニメ好きな人をオタクと偏見を持つ人も少なからずいます。

昔の容姿や性格を気にする人もいるかもしれませんが、

貴方に同調してくれる人も間違いなくいます。でも言わないとわかりません、相手が先に開示してくれる場合もありますが、

貴方が自分を受け入れオープンにすることで、そのことを、より理解してくれる仲間が集まってきます。

人前で自分をさらけ出せない 酷い偏見は無視してこちらからふるいにかける

僕の経験を少し、僕はゲームや漫画が好きです。オタクってほど深いわけではないですが、子供の時からずっと好きでそれをオープンにしてます。

昔の職場は年配の方がしきる会社でした。ちょうどゲームや漫画を模倣した事件が世間を賑わせていました。

年配の方が言った一言が「お前も人を殺すなよ」でした。

ゲーム=殺人、その方の思考は固定観念でそのようになっているようです。

漫画=オタク=暗い。

一応言っておくと、僕は暗くありませんよ。(笑)

女性と食事をする時も、僕はゲーム好きだと言うと反応悪いことももちろんありますが、ゲーム好きな女の子も沢山いるのを知ってますから、その人がゲーム好きならラッキーです。

他にも肌の調子が悪い時に出会った女性はそのせいで、対象外にされたかもしれません。

それで逃げたり、偏見持つ人は、縁がなかったとこちらから、ふるいにかければいいのです。

深い関係を作りたいなら自分をさらけ出す必要がある

ゲーム好きくらいなら、対したことではありませんが、もっと重たいこと、家族のことや、学歴経歴、身体のことなど、宗教、まあ普段はオープンに話したくない内容は誰でもあるでしょう。

しかし、深い付き合いを、望むならば、行く行くは自己開示して行く必要があると思います。

例えば、将来の結婚相手やビジネスパートナーなど深い部分の繋がりは避けて通れない関係の場合。

僕の場合ですとアトピー。

友達の間ではアトピーの話はしませんし、今はコントロールできてますから、心配されることもないのですが、

しかし、結婚する相手には、きちんと辛かったこと、自分の身体に残るアトピーの痕跡を伝えたいと思います。

人前で自分をさらけ出せない まとめ ふるいにかければ残る人がいる

自分の欠点が人を傷つけるなど絶対に直すべきこともありますが、

貴方の好んでいることに理解を持たない人や、持って生まれたこと、経歴、どうしようもないことなどで、態度を変える、人を格付けするような人はこちらからふるいにかけてしまえばいいのです。

人に合わせることは時には必要ですが、自分を偽ってまで、人に合わせ、嫌われないように生きるのは、時間と人生がもったいないです。

ましてや、いつまで隠し通せるか、それなら最初から開き直った方がお互いに楽です。

嫌われる勇気と言う言葉もあるくらいです。勇気と自信を持ちましょう。

あなたはどう感じますか?よろしければコメント欄へご投稿お願いします。

それではまた!

その他の記事もよろしくお願いします。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です