好きなことを仕事にしようの落とし穴

好きなことだけでは生きられない

好きなことで生きるのは可能なのか

好きなことだけでは生きられない ことについて。好きなことをして生きていくことは理想的な人生だ。しかし生きていくには仕事をしなければならない。

だから世の中では、好きなことをして生きるイコール好きなことが、仕事に置き換わりがちだ。

歌が好きだから音楽を生業にして生きていきたい。人々の賞賛を浴びたいからYouTuber などのインフルエンサーになりたい。車が好きだから車のデザイナーになりたいなど、人それぞれ様々ある。

終身雇用の崩壊と共に、働き方について考えなければならない機会が増え、以前に比べ好きなことで生きていける手段は増えたし、インターネットなど発表の場も増えた。実際に副業として勧める流れもあり、

「どうせ生きるなら好きなことをして生きよう」僕も賛成だ。

しかし、本当に好きなことだけで生きて行けるとは思えない。

好きなことだけでは生きられない 世の中は様々な事の集合体

僕の考えでは、好きなことで生きていくには、世界が平和でなければならないし、経済があり、文明があり、司法があり、政治が機能していなければならない。

みんなが富を平等に分け合う、共産主義や社会主義は、残念ながら人類にはコントロールが効かないのは歴史が証明している。著書お金がない世界のようにはいかない。

だから生きる為に、お金は切っても切れない。好きなことではないが報酬の大きさで仕事を選ぶ人もいる。

歌手になりたい人が歌手になれても、コンサートのプロモートやギャラの分配、人間関係、納税など好きなこと以外にも頭を働かせなければならない。

どうしても好きなことに嫌なことや負いたくない責任はセットでついて回る。仕事というのは様々な事の集合体なのだ。嫌なことは避けられない。

好きなこと+嫌なこと

歌手志望の人が歌手になれたとしても、昨今は動画配信やサブスクリプションの登場で、発表の機会は増え、業界の底上げにはなったのかもしれないが、

例えば宇多田ヒカルやミスターチルドレンなどCD全盛の時代に栄華を極めたミュージシャン達はかつてのような売上は維持できず

オンラインライブやYouTubeチャンネルやSNSでのファンサービスなどビジネスモデルの変化に迫られている。 

スタジオミュージシャンがライブに対応する必要や、ファンサービスが苦手なミュージシャンがバラエティーに登場したりと、本意でないことに対応せざるおえない現実もある。

これは何も音楽に限ったことではなく、公務員、税理士、薬剤師、接客業など身近な仕事でも起こっている。

まとめ 変化を受け入れる柔軟性

好きなことをしている一握りの成功者の話を聞いて、自分も好きなことでと思うかもしれないが、そこに落とし穴があると思います。

これからは好きなことをする為に、苦手なことも受け入れる柔軟性や変えていく発想が必要ではないでしょうか。好きなことをして生きていくことはできますが、それを仕事に置き換えると話は別です。

AIの発達で、様々な仕事が淘汰されて行きます。今現在、食べていけた仕事が10年後には食って行けない仕事になる可能性も大きいです。その辺のことは「食える仕事食えない仕事 著:渡邊正裕」を読んでみることをお勧めします。

好きなことだけ、の「だけ」に囚われると落とし穴に落ちると思います。みなさんはどう考えますか。

それではまた。

ご意見、ご感想は下記のコメント欄から、メールアドレスは記入時のみで他で使用することはございませんのでご安心ください。

そのほかの記事もよろしくお願いします。

自分の中に毒を持て
著:岡本太郎

好きなことだけでは生きられない

「AIやロボットに仕事が奪われる?」と不安でいっぱいのあなた。これを読めば、自分の将来が見渡せるようになります。

ITを中心とするテクノロジーの進化で、日本人の仕事は大きく変化しています。AI時代に生き残る仕事、人間が能力を発揮できる仕事とは? 本著は、著者の膨大な取材に基づき、リアル近未来の職業像を図解も交え徹底解説!将来を考え始めた10代、就職活動を控えた20代、転職チャンスをうかがう30代、第2の人生の仕事選びを考える40代、子供の将来を憂う50~60代、すべての人に必読の1冊です。

【仕事の未来を5カテゴリに分類して解説!】ロボティクス失業――機械やITに置き換わり、失業リスクが高い手先ジョブ――人間の手先が必要不可欠で、永遠に残り続ける職人プレミアム――テクノロジーとは無縁で、雇用は安定AI・ブロックチェーン失業――中核業務は無人化・自動化が不可避デジタル・ケンタウロス――AIを乗りこなし、人間の強みを発揮

【「AI化で消える仕事、残る仕事」マップ付き】

【目次】
序章 テクノロジー進化と労働市場変化
第一章 「人間の強み」が不可欠な仕事の条件
第二章 「AI・ロボットの強み」が活かせる仕事
第三章 各エリアの職業とその特徴
第四章 いつまでに何が変わるのか ――障害と変化のスピード
第五章 消える仕事、生まれる仕事
第六章 仕事をどう選び、シフトするべきか
終章 10年後、20年後の日本人の雇用




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA