ストレスにならないアトピー治療の為にゼロか100の治療方をやめる

脱ステロイド

約 6 分で読めます。

アトピー治療ゼロか100の治療法とは

脱ステロイド などゼロか100の考えの治療法にあげられますがを僕はオススメしません。

脱ステで治る保証はありませんし、ハードランディングして実生活を犠牲にして多くを失うことは出来ないからです。

なるべくステロイドは使わないに越した事はありませんが。

僕なりのアトピー治療との向き合い方は、基本は信用できる皮膚科のお医者さんの言うことを守り、栄養管理は自分で注意して行ってます。ステロイドも処方されれば使います。

極力ストレスを伴わないようソフトランディングを目指した治療を僕は心がけています。

信用できるとは性格の相性や親身になってくれるお医者さん薬にしても、

選択肢の多い先生を言います。治療そのものは医院で大差ありません、このお医者さんはノーベル賞もんだ!なんてお医者さんは出会ったことがありませんが、いつも「じゃあこれ塗っておいて」いつもステロイドを出すいい加減だな。

感じ悪いな〜って人はいます。

ですので、何軒か皮膚科を訪れて、一番はこの先生、2番目はこの先生とセカンドオピニンを決めておくといいでしょう。

情報が錯綜するアトピー治療

脱ステロイド をして身体から毒を出すんだ等とよく聞きます。アトピーの人ってそんなに毒が溜まるのでしょうか?

むしろアトピーに気をつけて、毒を取らない健康的な生活を心がけている人が大半だと思います。

ステロイドが毒なんでしょうか?

では何故、ステロイドを使う以前にアトピーを発症したのでしょうか?

ネットでは脱ステだけでなく、脱入浴、断食など極端なことを実践され、ハードランディングどころか墜落事故のような目も当てられない状況に陥られている方もいます。

お風呂に入らないと黄色ブドウ球菌が体に増殖して余計に悪化しますし、断食は生きるのに必要な栄養素まで足りなくなって皮膚に更に悪いです。

脱ステロイド アトピーの毒出しは本来なら毒ではない

アトピーの毒と言われるのは、本来なら毒ではない物を毒と勘違いし、免疫が身体から出そうとする最初の免疫異常がアトピーとして発症しているのです。

気管を炎症すれば喘息、消化器官の炎症にクローン病、肌の炎症をアトピー、アレルギーは炎症を伴います。

毒出しに終わりは無い 毒出しだけでアトピーが治ることはない

人間の身体の中には絶えず毒が入り、肝臓や白血球などの免疫機能が働き、毒が身体に影響を与えないようにしてくれています。

生きてる限り毒を身体からゼロにすることは出来ないのです。いたちごっこです。

アトピー治療をストレスにしない まとめ

ゼロか100の考え方はとてもストレスを伴いますし身体もビックリしてしまいますよね。

何よりストレスはアトピーの悪化の原因になります。

何に対してもNGにしては人生楽しくありません。

  • ステロイドはダメ
  • お肉はダメ
  • お菓子はダメ
  • お酒はダメ
  • 食べてはダメ

例えば自分にルールを設けて、緩和してみるとストレスを減らせるのではないでしょうか?

  • セカンドオピニオンを作ってお医者さんと相談しながら最終的には使わなくて良い方向に行けるよう適切な量でステロイドも使いながらコントロールする
  • お肉とお魚料理を1日交代で食べる。肉や魚は茹でた物を食べる。野菜を多めに食べる
  • お菓子は1日1回はOKとする。ただしトランス脂肪酸や白砂糖の少ないお菓子にする
  • お酒は金曜の晩はOKただしハイボール2杯まで
  • 断食より週末プチ断食、1食少なくする
  • 通院の苦痛、待ち時間に好きな本を読む。通院後に好きなカフェに行く

アトピーで悩んでいる方、まずは上記のようにすぐにできることから取り組んでみてはいかがでしょうか。
アトピー治療に焦りは禁物です。

極端に行動に走らず、まずは上手に病気と付き合っていくこと、そして友達とご飯に行ったり、おしゃれしたり、楽しいことに目を向けて生きましょう!

その他の記事もよろしくお願いします。