親とうまくいかない

親とうまくいかない

親とうまくいかない 方に

親とうまくいかない そういう悩みを抱えた人は多いのではないでしょうか。

今回の記事には、毒親(暴力を振るう、借金、生活がだらしないなど)のような親として失格と呼ぶべきケースは含みません。

思春期の方であれば多少は親に反抗したい気持ちや、親へのわずわらしさなど持つことは普通にありますが、

成人して親に感謝するべき年齢になっても、ついつい親にキツくあたり「いい歳して親とケンカして情けない」と自己嫌悪になる。

基本、親は1番長い付き合い

それも仕方のないことです。あなたに辛抱や寛容さがないからではありません。

基本的には上手くいってるのに、たまに我慢できなくなる方で、親と同居されている場合、1つ気になることが毎日積み重なり100になり爆発してしまう。

友人であれば、家に帰ればリセットできますが、親密度が上がるとその人に対して不満や依存心から要望が溜まりやすくなります。

ましてや多くの方にとって、親は1番長い付き合いになり、遠慮も無くなりキツい言葉を投げかけてしまいがちになります。

現在同居されている方は一度親元を離れて観るのも手です

結婚を機に親のありがたみを感じ優しくなれた。そういう声も聞こえてきます。

1人で生活することで成長する良い機会といいます。婚活されている方は実家暮らしは結婚が遠のくとも言われています。一人暮らしをすると彼や彼女ができたなど聞きます。

片親、実家の家業で家族の協力が必要など、すぐに離れるのが難しい場合は、自分の事は出来る限り自分でやる。

親と一緒にいる時間を決めることが良い関係を築くコツだと思います。

親とうまくいかない まとめ 親に感謝する気持ちを思い出す

親元を離れると述べましたが、離れたくて離れたわけじゃない人もいます。例えば進学や就職、結婚で地元から親元を離れた等。距離的な問題で簡単には親に会えなくなった方。

年に親と会えるのはお盆か正月の帰省など1〜2回程度、そうすると親の年齢も70代など高齢になると、悲しいですが寿命を考えるとあと10回以内かもしれないなど、ありえます。

親と離れて暮らす成人された方は親御さんとの残りの時間を意識すると、いかに親を大切にすべきか分かっておられるはずです。親を気遣う心が育まれていると思います。

逆に実家暮らしで、毎日顔を合わせる方は、ついつい親のありがたみを忘れがちになります。「洗濯物が汚れてる」「ご飯のおかずが少ない」「小言がうるさい」「結婚しろとうるさい」「子供扱いする」いくらでも不平不満が湧いてくるものです。やってもらって当たり前とつい親に依存しがちです。家にまとまったお金さえも入れない方もいるでしょう。

そういう方は親とうまくいかないのを親のせいにしないで、自分がこれから親との素晴らしい残りの時間を作っていくんだと感じて、思って。親の分もできるように少しづつでもして生きませんか。

あなたはどう感じますか?よろしければコメント欄へご投稿お願いします。

それではまた!

その他の記事もよろしくお願いします。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。