物を大切にしない人から物を貰ってはいけない

要らないからあげるは迷惑

約 5 分で読めます。

本当に要らないものは人にあげてはいけないし運気を下げる

要らないからあげるは迷惑 。そう感じることはありませんか?

引っ越しや、大掃除で必要無くなった物を、「要らないか?」と聞かれることが時々あるが、そんな時は大体がゴミで、ありがた迷惑。

あげる側は親切心と捨てるお金や手間を省きたいなどの思惑、両方あると思う。

一回くらいなら断れるが、度々だと断るのも疲れることがあると思う。

要らないからあげるは迷惑 手放す本人がときめかない物は既にゴミ

あげた物が、本人も知らない実は価値のある物だったなんてこともあるだろう。

しかしそんなことは稀で大体の物はゴミであり、本当に価値があるなら簡単に無料で手放さないだろう。

本人がときめかない物、捨てようと決心した物はゴミに成り下がる。

それを無責任に人にあげようと思うのは身勝手である。

もちろん、他の人にとって価値があり欲しい人もいるだろう、しかし

フリマやバザーを見ても8割はゴミであり、売れるのは数パーセント。

売れたとしても多くは、早々にゴミ箱に行く運命。

ゴミの押し付け合いというオチ。

必要ないならリサイクルショップに持って行って二束三文で買い取って貰えばいい。

要らない物を人にあげると運気が下がる

物が多い家、物が捨てられない人は貧乏だと聞く。要らない物を人にあげると結局は捨てられない心があり、運気を下げる原因になる。

貰った方も、捨てられない前所有者の貧乏な念の付いた安物を受け入れるわけだから、リスクがある。

よく廃品回収や骨董市などを街中で見かけるが、あれは金属やプラを回収して東南アジアなどで再生産するなど、ゴミから再製品化する技術があるから、企業にとってはゴミが価値を持ちお金になるのだ、

骨董市も目利きのあるバイヤーがきちんと価値のある物を選んでいるから成り立つ、

個人レベルで要らない物、ゴミを押し付け合うのとは訳が違う。

僕の経験 物を大切にしない人から貰ってはいけない

以前、部屋が物で溢れている知人の女性から「オシャレな写真額はいらない?」と聞かれたので、部屋に飾ったらオシャレかなと思い快く頂く事にした。

しかし、貰った額は正真正銘のゴミだった。アンティーク調ではあったが、煤けて埃が溜まり枠にはヒビが入っていた。その場で断るのは悪いので、持ち帰って捨てた。

その後も時々、要らないか聞いてくるので「写真を飾るのをやめたんだ」と伝えたら言ってこなくなった。

取引先の方が「捨てる本棚があるから必要ないか?」と聞かれたが、速攻その場で断った。

本棚云々よりも、本人の普段の身嗜みや、所有物の品質、手入れ具合を見て断った。

物を大切にしない人の要らない持ち物はゴミである。

要らないからあげるは迷惑 まとめ

物を大切にしない人から貰う物はゴミの可能性大です。

逆に物を大切にする人から譲り受ける物は価値のある物である可能性大。

ヤフオクメルカリでも、大切に使っていた物かどうかは重視されます。

もし自分が人に譲ることがある場合は、日頃から物を大切に扱う、大切に扱うに相応しい、品質の良い物を購入することが大事ではないでしょうか。

年末年始の大掃除の時期にもし「机いらない?」とか聞かれたら、ぜひこの記事を思い出してみてくださいね。

それではまた。

その他の記事もよろしくお願いします。